2015.05.27
STAFF REPORT テイク・オフ スタッフ近況報告

President Yamamoto

社長の独り言

近頃、やたらと固有名詞や人の名前が出てこない。(笑)
ちなみにある日の同年代の方々との会話は『ほら、あの歌手なんてったっけ?
♪お酒は炙ったタコでいい・・・みたいな歌詞の。歌ってる人。』
「ん?オマエさあ酒は炙れないぜ。それにタコじゃなくてイカじゃない?」
『あ、そうか。そうだな。マスター、いつもの“アレ”ちょうだいな。
いつものったらいつものだよ!』「あ、思い出した!それ、ナントカ亜紀だ!
ほれ、いま芦田まなちゃんの物真似する・・・あの芸人の名字。」
『おお!さすが!ところでマスター、このイカ美味いねえ。
どこのイカ?ん?房総のヤリイカかあ。いや、美味いなあ。オマエも食えよ!
ところでなんの話してたんだっけ?』
もう健忘症同士の会話はシドロモドロであります。

本来、人間はイヤなことや都合の悪いことをどんどん忘れることによって健全な心のバランスをとっている生き物です。
いつまでたっても忘れないでいるとどんどん悪いことが心の中に溜まってしまい、
楽しくない人生を送ることになりがちです。
せっかく生まれてきて一度きりの人生をハッピーなものにするには、
やはり忘れるという自己防衛本能は非常に大切なものと言えるのではないでしょうか。

とはいえ、大切な商談の要点などを忘れてはビジネスマン失格です。
名刺交換をして次に会った際、その方の顔と名前はしっかり覚えておくのが最低のマナーです。『○○さん、いつもお世話になっております。本日はよろしくお願いいたします。』
この『○○さん』の一言が「ああ、この人は私のことをきちんと覚えていてくれるんだ。この分なら本番の仕事も安心して任せられそうだ。」などと好印象を持ってもらえることでしょう。

もちろんビジネスシーンだけでなく人と人の友好関係を築くにも持ってこいです。
徐々に物忘れがヒドくなるのは仕方が無いにしても、イヤなことは積極的に忘れ、
大切なことは頑張って記憶に残す努力を怠らないようにしようと思う今日この頃です。
朗らかな人生は見えないところでの不断の努力によって創造されると思っています。
ところで日テレの“スッキリ!”の中の占い“スッキりす”。
いい時だけの記憶を残しております。(笑)



Graphic Designer Matsuda

先日部屋の整理をしていたら、20年ぐらい前に集めていたギザ10が出てきた。
今の価値はどのくらいあるのか調べてみた。なんと、20~100円の価値が!
そんなに都合良くお金が増えることなんかないと思いながらも、 400枚ぐらいはあるので、仕事帰りの独り飲みにでもと、頭の中でちょと贅沢をしている姿が。

買い取ってもらえるところはないかと探しているうちに、価値と買い取り価格は別ということがわかった! ほとんど10円とのこと。
増える気でいたのでなんか損した気分に。 とはいえ、今あるぶんで飲み代と子供の駄菓子にでも使おうと思う。
ただ、数枚あった昭和三十三年ものはすこし価値があるみたいなので、 また20年後はどうなるか、とっておこうと思う。


Graphic Designer Sugeno

最近の楽しみのひとつに、毎週BS JAPANで放送されている『男はつらいよ』がある。
渥美清演じるテキ屋 稼業を生業とする「フーテンの寅」こと車寅次郎が、
何かの拍子に故郷の葛飾 柴又に戻ってきては何かと大騒動を起こす人情喜劇シリーズだ。よい作品は何年経っても色褪せる事なく愛されるものだとシミジミしながら、映画のお供(笑)サントリー角瓶で水割りを作っていると、、、

何と!!!劇中でも寅さんの叔父、老舗団子屋「とらや」の主人おいちゃんが今と変わらぬデザインのサントリー角瓶で水割りを作ってるではないか!
40年という月日が経っても良いものは色褪せる事なく残って行く事を目の当たりにすると、いつかはそんな作品が作れたら幸せだな〜と思った瞬間、もう一人の自分が「無理、無理」と囁き、またもう一人の自分が『それを言っちゃーお仕舞いよ〜』と囁いた
日曜日の昼 下がりであった笑笑



Graphic Designer Akabane

コーヒーが好きで毎日のようにコンビニのアイスコーヒーを飲んでいるが
日本に初上陸した米サードウェーブコーヒー界の雄であり コーヒー界のAppleと言われている 「ブルーボトルコーヒー」が気になっている。

サードウェーブ? コーヒー界のApple? なんだかよくわからないけど、 ミーハーな日本人の心をくすぐるようなキャッチ。
心くすぐられている自分も飲んでみたいとは思っているけど 行列に並んでまでコーヒー飲むのもなんだかなぁと思いながら 今日も朝からコンビニコーヒー。
うまい!


lllustrator Murakami

最近やたら太った。
仕事が終わったあとの酒がおいしい、つまみがおいしいと
呑み食べ続けていたら、いつのまにかポッコリおなか。
大好きなパスタ・カレー・〆のラーメンを控え
腹筋とストレッチをしなければと思いつつ、今日もまた呑んでは食べての日々
あー幸せ…



Producer Taguchi

八丁堀界隈のお弁当

最近弊社では社内コミュニケーションのより円滑化を目指し、週2回ランチミーティングを行なっている。毎回あみだクジで決められた4名が一組となって各組週1回づつワイワイガヤガヤと楽しいランチを共にするという趣向。

そこでにわかに脚光を浴びてきているのが、八丁堀界隈のお弁当。
買い込み当番が4名分のお弁当を準備するのだが、日頃から何かと口うるさい連中を相手にお弁当選択のセンスを問われるとあって、それなりにプレッシャーがかかるようだ。
幸いにして私はクジ運に恵まれ、まだこの買い込み当番になったことはないが提供されたお弁当を楽しみながら、お気楽な品評をさせていただいている。
今回は、東京駅大丸地下で購入したという写真のお弁当をいただくことになった。
唐揚げ、揚げシュウマイ、揚げカニカマ…と、揚げ物のオンパレードではあるが、これがなかなかおいしいかった! そんなにしつこくなく意外とあっさりしている。そして適度にボリュームもあり、☆4つというところか。(満点は☆5つです。)
やはり老舗百貨店の地下で販売しているだけあって、なかなか結構なお弁当だった。

今回の買い込み当番のアラサーちゃんと呼ばれている女性によると、常設店舗ではなく催事スペースで売っていたというから、いわゆるサーキット販売なのかもしれないが、屋号は「ひとり屋」というそうだ。何でもチャキチャキの大阪弁の元気なオバサンがお客を呼び込んでいたという。
彼女も「そこのおネイさん!おいしいでっせ!」と呼びかけられ、すっかり気持ち良くなって買い込んだということだ。
最近おネイさんなどと嬉しいコトバで呼ばれるのは久々で、すっかり舞い上がってしまったようだ。大阪の人は実に商売がうまい!そして弁当もうまかったという訳。
ちなみにお値段は納得の税別800円。

機会があったら、是非お試しいただきたい逸品です。
今後このブログでいろいろなおいしいお弁当をご紹介していきたいと思っている。
どうぞ次回をお楽しみに!


Graphic Designer Hayasaka

かさご、あいなめ、あじにいわしに、
この間は“まぐれ”でたちうおも釣れた。
かんたんに釣れる魚ばかりなのかもしれないが、何が釣れてもとにかくうれしい。

この写真のまぬけな顔のふぐ。引っかかったところが痛いのか、ゲゴゲゴないている。
家で飼えたらいいのにな。かわいいなと思っていたが、
海に帰したらすごい勢いで逃げていった。 かわくない奴だ…。


ページ先頭へ戻る